ホームページ制作 スタジオ感

コアかめやま教室について(再始動によせて)

亀山奈苗
 

 2001年、大泉学園でコアの教室を始めて14年、諸事情で引っ越し閉室。
そして、ここ小さな自宅でも、なんとかコアを続けられないだろうかと思案し、この度、再始動いたしました。
 14年間、コアの研修と欲張りなカリキュラムを真摯に積み重ねてきたことは、まだまだ微力ですが、まさに自分のコア(核)になっています。初めて英語に触れる小学生から、志望大学を目指す眩しいほどの高校生まで、彼らが自分の目指す英語力に近づいてくれたことは大きな喜びでもあります。生徒達、保護者の皆さま、コアの手厚いサポート、すべての人から多くのことを学ばせていただきました。
 現在、日本語講師としても外国の方々にレッスンをしています。日本語と英語は「音」を伴い「構造」が異なります。よって、外国の方が日本語を学ぶ、日本人が英語を学ぶ、=外国語を学ぶ、ということは、一筋縄ではいきません。そのナビゲーターができればと思っています。
 日本に居る外国の方は、日頃、たくさんの日本語に触れ、様々な表現を習得できるというメリットがありますが、反面、独学では誤りがそのまま身についてしまったり、正確、体系的な学習ができないというデメリットもあります。
  一方、私たち日本人が、日本に居て外国語(英語)を学ぶということは、(+)正確さを重視した体系的な学習ができるという(+)メリットがあります。(-)デメリットとして、様々な表現が、疑似的(動画やラジオなどから)だったり、運用力を伸ばす機会が少ないなど(-)はありますが、その環境をつくれるのがコアです! もちろん、(+)メリットはしっかりと。
 (+)メリットを活かし、(-)デメリットを補うナビゲーターとして、生徒に寄り添ったレッスンをしたいということ、そして、このスペース的に小さくなった教室を逆の発想で、こちらから生徒のところへ出向くこともしてみようと思い至りました。実践することは変わることなく、コアの欲張りなレッスンですが、プライベートレッスンが基本ですので(セミプライベートも可)、ひとりひとりの習熟度、ニーズに寄り添って、一緒に目指すものを定め、英語ということばのしくみをしっかり学び、身につくようナビゲートしていきたいと考えています。忘れてはならないことは楽しく、面白く。

数ある英語教室の中で、コアを選んでくださったことに感謝いたします。